ちょっと気になるボールペンインク消し

ボールペン用、修正液ではなくインク消し?

皆さんはボールペンで書いたものを修正するとき、
どうなさっているでしょうか。

 

一昔前では、俗にホワイトと呼ばれる修正液を文字の上に塗り、
書き直すというのが一般的だったかと思います。

 

ただこの場合、ホワイト液が乾くのを待たなければならず、
イライラした経験をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

 

その後、修正テープというものが出てきて、
書き直す文字の上に白テープを圧着して文字を消すという方式が
広く行き渡るようになりました。

 

これであれば修正箇所をすぐに直すことができます。

 

ところで、今回ご紹介するのは、
修正液や修正テープではなく、ボールペンで書いた文字を
直接そのまま消すというグッズです。

 

以前の記事でご紹介したフリクションボールは特殊なインクを使い、
専用ラバーで文字を消すというものでしたが、

 

今回ご紹介する「ガンジーインク消し」
一般のボールペンで書かれた文字の上に塗ることによって、
その文字を消すというものです。

 

このインク消しは、1液、2液に分かれているものと
1液のみのものがあります。

 

ただ、ホールペンの色や紙質によっては消え方に若干の差があったり、
変色があったりするので

 

重要書類などには注意が必要です。

 

しかし、通常の使用には特に問題はないようなので、
修正液や修正テープなどをあまり使いたくないという方などは
試してみてはいかがでしょうか。

 

また、この製品は壁に書かれたボールペンの落書きなどにも
非常に威力を発揮します。

 

是非チェックしてみて下さい。

 

 


HOME