山型樹脂で紙に密着する定規

線が曲がらない密着定規?

以前の記事で、ちょっと変わった定規ということで
「ピックアップ定規」をご紹介しましたが、
今回も定規のご紹介です。

 

皆さん、線を引いている最中に、
定規がずれて線が曲がってしまったということ
ありませんか。

 

また、カッターで用紙を切る際、やはり定規がずれて
微妙に線が曲がってしまったという経験ありませんか。

 

特にカッターで何枚も重ねて切るという場合、
切り口が曲がってしまうと被害甚大です。

 

 

「ピタットルーラー」はそんなあなたのために
作られた定規です。

 

この定規は、断面が山型になっていて、
定規の縦方向真ん中の山の部分が
軟質樹脂となっています。

 

つまり、山の部分の軟質樹脂を押すと、
この部分の下辺が紙に密着し、
線を引くとき定規がずれるということが
ありません。

 

また、この軟質樹脂部分を挟んで片方がアクリル製
もう片方がステンレス素材になっています。

 

つまり、線を引くときはアクリル製の方で、
また、カッターで紙を切る時は、
ステンレス素材の方と使い分ければ、
定規が傷むことはありません。

 

また、ステンレスの方の目盛りの端は
0から始まっているので、
寸法をとるのにとても便利です。

 

この定規1本あれば、
線を引く場合、また紙を切る場合、
失敗することなくうまく出来そうです。

 

とても評判のよい定規で、
2014年グッドデザイン賞にも輝いています。

 

是非チェックしてみて下さい。

 

 


HOME