朱肉の蓋が印鑑マット

朱肉と印鑑マットが合体!

今までありそうでなかった、
ほんのちょっとしたアイディアで
とても便利になったというものがあります。

 

今回は、そんなグッズをご紹介します。

 

ビジネスのシーンで
印鑑を押すことがあります。

 

ちょっとした確認用の印鑑であれば、
シャチハタに代表されるような
浸透印でも十分なのでしょうが、

 

契約書や、
金融機関に提出する書類などは

 

やはり、朱肉を使った印鑑を
押さなければならなりません。

 

これは、浸透印だと
紙に押される部分がゴムのため、

 

古くなってくると、
印影が変わってしまう恐れがあるからです。

 

そこで、今回のご紹介は、朱肉なのですが、
これが従来のものとはちょっと違います。

 

朱肉を使ってを捺印するときに
必要なものといえば、印鑑マットです。

 

これがないと、
きちんと押したつもりでも
印影が欠けてしまったりすることがあります。

 

特に、先方に出向いて捺印するときなどは、
朱肉と同時に、印鑑マットも
持っていかなければなりません。

 

 

そこで考えられたのが、
シャチハタの「シクオス」です。

 

これは、
従来の朱肉の蓋の部分が、
印鑑マットになっている
というものです。

 

つまり、これがあれば、
捺印する際に、
このふたの部分を使えば

 

わざわざ印鑑マットを用意する必要が
ありません。

 

これは、まさに
今まで、だれもが考えそうでいて
なかなか、なかったグッズで

 

さすが老舗のシャチハタさん
という感じです。

 

 


HOME