コンセント火災の予防にはコレ!

コンセント回りをスッキリと!

秋ともなると、
全国火災予防運動なども始まり、

 

皆さんのオフィスでも
消防訓練などをされるところも
あるかと思います。

 

そんな中、最近の火災の中で増えているのが、
コンセントから出火する火災で、
別名トラッキング火災といいます。

 

これは、差したままの状態のコンセントと
プラグの間に埃がたまり、

 

そこに湿気などの
水分が付着することによって、

 

微細な電流が流れるようになり、
プラグ表面が炭化してしまうことによって起こります。

 

この炭化してしまった部分は炭化導電路といい、
電気を通してしまう為、発熱、火災の原因となります。

 

そして、この炭化導電路のことをトラックと呼び、
それによって起こる火災を、トラッキング火災と呼びます。

 

私も以前、実際に
あわやトラッキング火災寸前という場面に
遭遇したことがあります。

 

すでにコンセント部分が炭化しており、
かなり発熱した状態でした。

 

まさに、この段階で発見出来たので
大事には至らず、本当によかったのですが、

 

特にコンセントがある場所が外から見えにくく、
掃除の行き届かないような所にある場合は
要注意です。

 

最近では、PC関係一つをとっても、
それに付随したプリンタやスキャナーなどの
周辺機器も多く、

 

どうしてもテーブルタップでコンセントを
増やさなければならない場合も多々あるかと
思います。

 

そうしたテーブルタップにおいても、
このようなトラッキング火災の危険は
つきまといます。

 

そこで今回ご紹介するのは、
そんなテーブルタップを埃から守る

 

「イノマタ化学 テーブルタップボックス 」です。

 

この製品はその名のとおり、
テーブルタップを収納するボックスで、

 

外からプラグを抜き差し出来るよう、
透明な蓋が付いています。

 

そのため、最近よく使われている節電スイッチの
ON、OFFも容易です。

 

また、トラッキング火災の原因ともなる埃から
プラグを守ると同時に、

 

どうしてもごちゃごちゃしてしまう
テーブルタップ回りを目隠しすることによって、

 

スッキリとした見栄えにすることが出来ます。

 

コンセント回りがどうも気になるという方
是非、チェックしてみて下さい。

 

 


HOME