不織布フィルターによる自然気化方式加湿器

電源のいらない加湿器?

以前、車で移動中に、
濡れタオルをダッシュボードに置いていた
営業マンがいました。

 

訳を聞いてみると、
車での移動時間が長く、車内が乾燥しているため、
喉をやられてしまうためということでした。

 

特に、冬場などは乾燥がはげしくなるため、
喉が弱いビジネスマンには辛いところです。

 

社内に加湿器が用意してあるようなところは良いのですが、
なかなかそのようなところは、
少ないのではないでしょうか。

 

 

「ちょこっとオアシス」はそんな悩みを解決してくれる
とても便利なグッズです。

 

原理は簡単。

 

冒頭に述べた、タオルの件と同じで、
コップ一杯の水を特殊なフィルターに吸わせて、
周りの空気を加湿するというものです。

 

このフィルターは、
防菌、防カビのポリエステル系不織布フィルターで、
とても吸水性に優れています。

 

水を蒸発させることによって、
周りの空気を加湿させるのですが、

 

加湿量は、コップ一杯の自然蒸発量の、
10倍以上
にもなります。

 

なんといっても自然気化方式なので、
電源がいりません。

 

形状は二つ折りになっていて、ちょうど
携帯電話(ガラケー)のようで、
開けるとフィルターが扇のように開きます。

 

重さは100gでとても軽く、
どこでも持ち歩けます。

 

水タンクは本体のしたにあり、
ほぼコップ一杯の水がはいります。

 

パソコンの横に置いておくと、
ドライアイの方にも良いようです。

 

見た目も花びらのようでもあり、
癒し効果も期待できます。

 

ぜひ、チェックしてみてください。

 

 


HOME