最後までカレンダーとして使えるメモ帳

かなり目を引くアイディアカレンダー!

年の瀬がせまってくると、
どこでも年明けカレンダーの
季節となってきます。

 

毎年、どこかで人目を引くような
アイディアカレンダーが考えられ、
街にあふれます。

 

この時期、
会社どうしでの挨拶代わりのカレンダーは、
やはり、実用に即したものが喜ばれるようです。

 

そんな中でも今回は、
ちょっとびっくりするような
今までにないカレンダーをご紹介します。

 

 

大成美術印刷所の「ななメガカレンダー」
メモ帳形式のカレンダーですが、
手前のななめの断裁部分の断面が、
カレンダーになっています。

 

メモとして一枚づつ使っていくと、
断面のカレンダーは上から減っていきますが、
その分、メモの下部に減った分のカレンダーが現れ、
最後までカレンダーとして使えます。

 

ちょっと文章の説明では分かりづらいのですが、
メモ帳カレンダーとしては
かなりインパクトがあります。

 

これは印刷会社ならではの発想で、
私も以前、印刷会社にいたことがあるので
ちょっと、うなってしまいます。

 

サイズ違いでもっとコンパクトな
「ななめもカレンダー」もあり、
3タイプ用意されています。

 

また、ペンスタンド付きのものもあり、
社用カレンダーとして、
また、ご家庭で使うカレンダーとしても
とても面白いと思います。

 

 

是非、チェックしてみて下さい。


HOME