アイディアノートカバー

パソコン入力用譜面立て?

ノートと言えば、
まず皆さん何を連想されますでしょうか。

 

最初に浮かぶのは、
打ち合わせや会議などの時、
その内容を書き留めておく、

 

あるいは、重要なことを分かりやすいように
整理するため書き起こしてみるなど、
書き込む対象としての役割りです。

 

次には、
今度それを参照するための役割です。

 

つまり、
そのノートに書き留めたことを参照して、
新たに何かを書き起こすという事があります。

 

一昔前であれば、ノートからノート、
あるいはノートからレポート用紙
ということであったのですが、

 

現在では、ほとんどそれがパソコン入力となり、
データ化されていくということが一般的です。

 

ノートからノートに書きうつす、
ということであれば、特に問題はないのですが、

 

ノートからパソコンに入力するとなると、
少し事情が変わってきます。

 

つまりノートからパソコンに入力する場合、
立っているパソコン画面から

 

横になっているノートとの間の距離があるため、
頻繁に目を移動しなければならない
ということが出て来ますです。

 

 

そこでご紹介するのがBeahouse
「立つノートカバー」です。

 

まず、このグッズを見て私が連想したのは、
譜面立てです。

 

私事で恐縮ですが、
私は趣味でキーボードをやっているのですが、

 

ちょうど譜面を見ながらキーボードを弾くのと、
このグッズでノートを立たせた状態で
パソコンを入力する様子がとても似ていて、

 

同じキーボードつながりということで
思わず笑ってしまいました。

 

ということで、
パソコン画面とノートが横一列に並ぶことによって
とても入力が楽になるというこのグッズ、

 

なかなか使えそうですね。

 

 


HOME