見開き左頁を目隠しするノート

カンニングされないノート?

今回皆さんにご紹介するのは、よく考えられた
ちょっとしたアイディアノートなのですが、

 

以前の記事「インデックスノート」のご紹介の際、
打ち合わせごとにノートを新たに用意する
ということは通常しない、ということを
お話しました。

 

多くのビジネスマンの方達は、
打ち合わせや会議などのノートは
だいたい同じものを使うことが多いと思います。

 

ただ、ここで問題になるのは、
先方との打ち合わせにおいて
メモを取る場合です。

 

客先においてメモを取る場合、
開いた頁の左頁に、
すでに以前書かれたメモがある場合、

 

それがどのような内容のものであれ
先方の方は気になるものです。

 

ましてや他社との打ち合わせ内容が
書いてあったりでもしたらなおさらの事で、
その営業マンの信用問題にもなりかねません。

 

ちょうど左頁から始まればそのようなメモは
裏に隠れて見えないのですが、
全てそのように調整してノートをとるというわけにも
なかなかいきません。

 

 

そんな悩みにお答えできそうなのが「目隠しノート」です。

 

これは、表紙に目隠しシートなるものが付いており、
ノートを開いて左頁に記事がある場合、

 

ちょうどそれを、上からのれんで覆うようにして被せ、
見えなくするというものです。

 

この目隠しシートは、表紙の上辺に付いていて、
表紙と一体となっているので、
しおりの代わりにもなります。

 

このノートがあれば先方に対しても
安心感を与えることが出来、

 

またそれを使うことにより、
好印象を演出することも出来るのではないでしょうか。

 

今は情報漏洩などの問題で、このようなことに
敏感になっている企業もたくさんあります。

 

そんな時代にこの「目隠しノート」
活躍しそうな気がします。

 

 


HOME